上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の街の様子。昨日まで原宿界隈のアパレルのお店はいつもと変わらず照明をギンギンつけていてうちのスタッフなんかももう買いに行かないなどと怒っていました。今日は一転どこも張り紙があり午後から夕方までオープンになっています。竹下通りも通勤の人しかいない。今夕、やく払いというか景気づけに新宿で飲むことにしたので自転車はお休み。電車は普通に動いていて混み方は普段の7割くらい。
横浜石川町のW邸の建て方は予定通り今朝からはじまり担当、担当見習いが貼りついています。施工はいつもお願いしている鎌倉の小川鉄工、ここは「ハマ」の職人が多いのか一見こわもてだが楽天的でかつ結束力が固い。こういうとき頼りになります。今日の午後にはあらかた建ち上がる予定。
昨日予定されていた伊豆天城高原K邸の地鎮祭は伊豆方面でガソリン補給ができるか確認できず設計者欠席、情けないがドウシヨウモナイ。落ち着いたところで「安全祈願祭」を行うことに。

東京での心配は放射能だけ。停電やガソリン不足は被災地に比べればどうってことない。
電気でも灯油でも食糧でもドンドン持っていってくださいという意識の人が多いのではないか。イギリス人の友人が脱出すべきか悩んでいました。前回発表された都内の放射線濃度が毎時0.809まいくろしーべると(って何だ?)高度1万メートルを飛ぶ飛行機でニューヨーク、東京を往復すると浴びてしまう値は200まいくろしーべるになるらしい。単純計算するとニューヨーク往復(26時間で計算)と東京10日間ステーが同じくらいになる。だいたいきみは毎月海外往復しているではないか、今年になってもう軽く600位は浴びているねといったら黙ってしまった。ヨーロッパのメディアは日本の危険性を言っていますがヨーロッパ人が好んで建築に使ってきた自然石からも放射能は出ているわけでその辺わかっているのかなあ?例えば岩盤浴に使う石で毎時2~3まいくろしーべるとらしい。

gagabless.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。