上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設計事務所の運営的問題点はプロジェクトが重なってくることです。今までバラケテいたさまざまな案件が融資に時間がかかるとか開発がらみになるとか申請に時間がかかるとか外的要因で遅れてしまい順調な案件と並び同時進行状態になることがあります。このところそれが実施設計で起こっていて事務所に篭もりいろいろなプロジェクトのディテール検討を集中的にやっています。特に窓のデザインで何かできないかズ~と考えています。
そんな中自宅でダンボールに入った昔の本を整理していたら植田実さん(住宅批評の大御所、といいますか伝説的な編集長。学生時代何度かお会いする機会があり一度お酒の席で君は編集者に向いていると言われバリバリのものづくりを目指していた僕はショックを受けました、たぶん落ち込んだと思います・・・・その後働き始めてからも同じことをそれなりの人に言われたことがあり植田さんの目は確かだったのか?今を思うとどうなのか??)その植田さんの「真夜中の家」~絵本空間論(1989年出版)が出てきて再読しました。いろいろな絵本、童話で語られる空間や家に関しての考察が軽快に語られています。何冊かアマゾンで取り寄せ週末楽しく読みました、特にピアスの「トムは真夜中の庭で」(対象年齢小学5,6年)はよかった、子供のとき読みたかった。(人生が変わっていたかも)そんなことで童話的建築を考える週末でした。

DSC03589_convert_20101122105702.jpg

たとえば藤森さんなんかは年とともに作品はどんどん低年齢化していて最近の「空の泥舟」なんかほとんど御伽噺のデザイン、対象年齢小学3,4年ではないか。そんなデザインの切り口があるか俄然興味を持ち、納戸や娘の部屋から絵本やらマンガやらをかき集め特に窓のデザインに注目してチェックする作業に没頭。童話的な窓は表現として面白い、ただフジモリ建築の方向ではなく僕はモダンデザインを外したくないのです、難しいなあ~。

doro_1.jpg


DSC03585_convert_20101122105549.jpg

最後は(よくあるパターンで)ただただ読み始めてしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。