上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京へ行ってました。何と20年ぶりの訪問、僕が昔設計を担当していたホテルは当時はどこからでも見えましたが今はビルに埋もれてしまいどこにあるか全然わからない状態。広い道路、どこまでも続く高層ビル、アメリカのミッドウエストあたりの大きな都市そっくり、それが延々続いている。ごみがほとんど落ちていない、自転車が99%電動になっている、タバコを吸っている人が全然いない、バスを順番に乗るなど変化にびっくり。それと食事のときコーラか7UPを飲むのはどういう変化なのだろう?中国人がお茶を飲まないでどうする!
DSC03465_convert_20101104190846.jpg

DSC03499_convert_20101104191043.jpg

市内を少し離れるとやはり昔の中国の風景。アメリカ的とも言えそうかな。

DSC03469_convert_20101104190928.jpg

市の中心から離れたホテルでエコ住宅のコンベンションがありました。中庭と回廊の繰り返しが延々続く低層型ホテルでフロントから僕の部屋まで300mくらいある。エアロハウスは中国では早すぎると思っていましたが意外と受けました。エアロハウスが雑誌に掲載されると日本よりアメリカでのほうが問い合わせのメールの数が多い→アメリカ人が好きそうなコンセプトなのかもしれない→中国人は東洋的というよりアメリカ人と近い感覚を持っている(と思う、大陸的で)→中国人にも受ける要素はある。
といことかもしれません。幾つかビジネスの話もでる。

DSC03483_convert_20101104191006.jpg

DSC03424_convert_20101104190750.jpg

世間様並みに少しは観光も。これは西太后がお乗りになった自動車、ということですが駆動系が見当たらない。オーディオガイダンスによると運転手が前に乗っていることがお気にめさず運転手はひざまずいて運転したそうです(どうやって?)それにしても動くのに絶対必要なエンジンなりラジエター見当たらない。運転席の前にもシートがあるのも不思議です。その前には何もなく車の先端はシートの背もたれで終わっているのです。どなたかご存じないでしょうか?

DSC03502_convert_20101104191117.jpg

自転車仲間を発見!サイクリスト風は3人くらい目撃しましたがマジなフルスペックはこの人だけ。東京でも変人に見られるところがあります(何を好き好んで自転車で100キロも走るんだ)北京ではさぞかし大変だろうなあ、親指をたてエールをおくりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。