上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日、天気がいいので半ズボン、Tシャツ姿、自転車でI邸に行ってきた。遅れていた外構がようやくできたのです。
IMG_1195_convert_20120429171921.jpg
奥のグレーが母屋でいつものエアロハウスの構造。左のレッドがゲストルーム、右のオレンジは主寝室、真ん中のグリーンがスタディです。3つの個室「ユニット」はCEATEC2011(鎌倉ファクトリー→幕張→横浜コットンハーバー→宮崎県五ヶ瀬→沖縄→鎌倉ファクトリーと旅した)と同じ構造で移設も可能です。構造エンジニアは贄田泰然さん。

IMG_1211_convert_20120429172036.jpg
構造的には非常に不安定に見えますが地震時のシュミレーションをしてみると周りのすべての建物が揺れで倒壊してもコレだけは残るという結果が出ました。正直その検証結果には驚きました。

このような一本足にした理由はこれです。
imagesCAAF26FD.jpg
コルビジェのユニテ・ダビタシオンのピロティです。その著作「建築を目指して」だったか「オープンハンド」にこの場所に男性二名がゆったりと椅子にかけパイプをふかしている有名な写真が載ってます。ピロティという新しい建築装置は大地を開放し太陽の光が差し込む自然を取り込んだ健康な空間を提供する、というような内容だったと思います。
僕はその写真は「ヤラセ」か演出だなあと昔から疑ってました。なぜならピロティは結局自由通路かせいぜい駐車場にしかならず健康な場というより犯罪が発生しやすい場になってしまっているからです。

IMG_1200_convert_20120429172007.jpg
都内なので土地はそれほど広くない。ある程度の庭面積を確保しようとすると(ワンちゃんが走り回れる広さ)ピロティ形式になる。4本柱では構造物が庭にドンと置かれることになる(たとえいくら柱を細くしても)建物下で「畑」ができる、がコンセプトでした。そうするとモデルは「木」になる、たぶんそれ以外はないのだと思う。

IMG_0944_convert_20120429171258.jpg
従来型のエアロハウスの空間。柱スパンは8mですのでゆったりとした空間になってます。
その中に就寝スペースが吊られている。

IMG_0996_convert_20120429171559.jpg
就寝スペースから吹き抜けを見る。可動パネルを閉じると障子で囲まれた空間のようになります。

IMG_1065_convert_20120429171810.jpg
レッドのゲストルームの室内。スキップフロアーになってます。

IMG_1035_convert_20120429171729.jpg
グリーンのスタディ(一本足)の内部。

IMG_1027_convert_20120429171643.jpg
集成材の無垢の壁が厚いことがわかる。

IMG_1071_convert_20120429171850.jpg
最後に玄関ホール。外を歩いてたどり着く場所なので外部を見る窓は不要でスカイライトのみにすることが多い、そのほうが空間の質が上がります。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。