上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エアロハウスはコンパクトな住宅がなぜないのだろうと思ったのも開発したきっかけの一つでしたので床面積10坪が原型でした。ただ依頼が来るようになるとコンパクトなものはまったくなくて30坪前後の普通の床面積ものばかりでした。巨大化する傾向があり現在100坪を超える計画も進行しています。コンパクトなものは3.11を境に依頼が舞い込み始めました。

IMG_4670_convert_20130615152128.jpg

IMG_4689_convert_20130615152206.jpg
これは中間に位置する15坪のバージョンです。形式的には1LDKになります。僕は別荘はこれくらいがちょうどいいと思っていて現在個人的にも設計中です。
スポンサーサイト
長生村(千葉県)のエアロハウスの引越しパーティへお招きを受けました。

IMG_4544_convert_20130615150820.jpg
高い木立の間からエアロハウスが見えてくる。この高木との関係をテーマに様々な案を考えました。

IMG_4565_convert_20130615151333.jpg
主室のLDKと斜めの窓の浴室が小さいバルコニーでつながっている。バルコニーの後ろは和室です。外壁は焼杉。

IMG_4562_convert_20130615150942.jpg
ゴミ置き場の換気用ベンチレーターが勢いよく回っている。ゴミ収集の回数が少ない地域のためある程度室内でキープしなければなりません。換気に電気を使うのはもったいない。カナダ製で弱い風でも回ります。

IMG_4619_convert_20130615151446.jpg
日が暮れはじめ明かりがついた。

IMG_4634_convert_20130615151519.jpg
業務用厨房機器。素晴らし料理の数々。満喫しました。

IMG_4612_convert_20130615151408.jpg
北海道から「北海道エアロハウス」の3名も参加。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。