上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅間山から伸びるなだらかな地平に建つエアロハウス。現代美術家のアトリエ兼週末住居です。

IMG_2303_convert_20120923221940.jpg
断熱材を張り終えた状態です。

IMG_2280_convert_20120923221840.jpg
アトリエ機能ということで大開口ではなくスリット状の連続窓がグルリと建物を回っています。360°見渡せますが開口制限されている。

IMG_2274_convert_20120923221702.jpg
窓下にはコレもグルリと「床下通風窓」が回っています。ココから光が上がってくる感じもおもしろい。

IMG_2309_convert_20120923222026.jpg
「床下通風窓」を下から見る。ズートつながっています。

IMG_2318_convert_20120923222231.jpg
外観別アングル。

お隣は(といっても100mくらい離れてますが)なんと売れっ子の住宅作家コーブンさんの別荘です。
IMG_2312_convert_20120923222131.jpg


続きを読む
スポンサーサイト
最近facebookの書き込みが多くブログがおろそかでスミマセン。建築のことはこちらでちゃんと書いていくつもりです。日常的なことに関してはFBをご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/tadashi.murai.9  
生田駅近くの元気は4人ご家族のエアロハウス完成。コートハウスタイプです。
最近若いお施主さんからコートハウスのリクエストが多いのです。

IMG_2176_convert_20120923212659.jpg
これはLDK

IMG_2164_convert_20120923212545.jpg
屋根裏的2階にへ行く階段と水平連続窓。前面道路や駐車場と視線がかろうじてつながってる。

IMG_2173_convert_20120923212626.jpg
キッチンはいつもの作り方です。スッキリしていて僕は大好き(設計しているので当たり前か?)

IMG_2228_convert_20120923212929.jpg
玄関はシンプルにモルタル金ゴテ仕上げ。最近バスルームに多用してるガルバの小波を調子に乗って建具でも使ってみる。これほど汚れにくくヘビーデューティーな材料はないでしょう、なんといっても外壁材なので。

IMG_2203_convert_20120923212850.jpg
11帖の離れ。LDKとはコートと洗面室でつながっています。

IMG_2195_convert_20120923212736.jpg
でこれが離れへのアクセスを兼ねた細長い洗面室。

IMG_2202_convert_20120923212815.jpg
洗面カウンターの反対側はクロゼットになっていてここで脱衣、洗濯、着衣などすべて済ませることができます。かつ廊下になっているわけです。

IMG_2231_convert_20120923213052.jpg
離れからLDKを見る。

IMG_2232_convert_20120923213129.jpg
LDKから離れを見る。お子さんたちが走り回る様子が見えるようです。

IMG_2234_convert_20120923213214.jpg
LDKの上には小さい2階があります。屋根裏部屋感覚または秘密基地。意図的に天井高さを低くしています。ここから屋上バルコニーへ出ることもできます。
屋根の雨水は普通、雨樋(ヨコ樋、タテ樋)を通して下水へ処理されます。
ただこれがしばしば詰まりこんな感じになる。
IMG_2461_convert_20120923173432.jpg
立地条件にも寄りますがこれはひどいと思う。ちなみにコレは僕の家で玉川上水に面している借家。場所柄落ち葉が飛んできて清掃してもらっても1,2ヶ月でこのような状態になる。

IMG_2462_convert_20120923173518.jpg
当然地面の特定の場所に滝のように落ちヤワな植物はなぎ倒されてしまいます。

雨樋の考え方は「水を隠す」手法です。河川で言うと「暗渠化」のようで好きなれません。もっと見せてやってもいいのではないかと常々思っていました。建築にかかわる「光、風、水」このうち水は簡単に視覚化できそうです。

西洋建築とりわけ古い教会などにはガーゴイルという吐水口が随所に設置されています。
gargoyle0010_convert_20120923173204.jpg

コルビジェの作品にも多く見られます。コレはロンシャンのガーゴイル。「象の鼻」の形をしています。
20090907_646350_convert_20120923173125.jpg


千葉の長生のK邸は条件がそろいましたのでガーゴイルを検討中です。FRPのアートワークを手がけるモリカワさんに協力してもらいモックアップを試作。当初はコルビジェに習い「円形」の組み合わせで検討していましたが三角でも検討。

IMG_2327_convert_20120923173242.jpg

IMG_2359_convert_20120923173356.jpg

IMG_2353_convert_20120923173323.jpg
実際に現場でつけてみた。モダンデザインには三角形が合うことがわかりましたが仔細に検討すると幾何学として根本的に雨水処理に適さない形であることがわかった(それでコルビジェには三角がないのか?)いろいろ考え現在は台形で試作中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。