FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災の影響は建築資材にもすぐに出て早々に構造用合板が出荷停止になったとの連絡が入りました。理由は3割近く製造する工場が釜石など今回の被災地にあるためで各サプライヤーに政府から出荷停止の通達があったようです。エアロハウスは構造用合板を仕上げとして使用していますのですぐに行動に移りました。各業者さんへ問い合わせてみたところ、香川県のエアロは確認申請前ですが構造材確保済み、大阪のエアロは建て方直前ですが一部確保できない。このため尾道の西日本プレカットから供給してもらうことで解決、寺岡社長ご協力いただきありがとうございました。関東圏のエアロハウスは着工直後や施工中のものはダイジョウブ。着工直前のものはまだ正確なところが分からない状態、お施主さんへはOSBボードの変更があるかも知れませんというプレゼを行い承認されました(むしろこのほうがイイデスねと言われちょっと困った) 設計中のものは隠れる部分はOSBに変更で構造設計を指示。あとは様子見ですね。ないないと言っていたパンは昨夜コンビニに溢れていました(棚に収まらずレジの周りにも)お米も普通にあったと聞いています。ガソリンは来週から供給過剰になるとの(信頼すべき)情報もあります。

ここ数年住宅の着工数は減少していています。年間100万戸くらいあったのが2009年から80万戸位に減っています。それ以前は120から130万戸ありました。現時点での仮設住宅の発注が3.5万戸くらいです。かりにその十倍以上建て直しがあっても以前の着工件数にもどるだけです。混乱はあると思いますが絶対供給量ではまったく問題がなく落ち着くだろうと僕は踏んでいます。

富津の海のすぐ近く、Oさんのエアロハウスから地震後の写真が今日届きました。砂地を造成した別荘地です。柱スパンも特別に長く9mにしたこんな空間ですが(入居前の写真)

IMG_8857_convert_20110322184041.jpg

「誰かが片付けてくれたの?ってくらい何も変わっていませんでした。」ということで

DSC_0018.jpg
こんな棚のディスプレーも落ちなかったとは!東京より震源に近いはず。よく見るとジャケット?が傾いている?
スポンサーサイト
スタッフのすすすすです

17日は横浜市の建て方へ行ってきました。
待ちに待った建て方。連日余震が続く中での建て方。今大地震が来たらどうしよう…と終始心配していましたが
作業はとても順調に着々と進みました。さすがはハマの職人!現場はみんな笑顔で皆さんたくましかったです。



柱が設置されて大空間の誕生です!
DSCN3509_.jpg


大工さん方は高い所もヒョイヒョイ上って作業しています。(地震きませんように・・・・)
DSCN3539_.jpg



梁が設置されていよいよ骨組みの完成です。
DSCN3527__20110321173345.jpg

お施主様からも「立派なのができましたね」と喜んでいただけました。寒い中ずっと一緒に付き合って頂きありがとうございました。

完成まで無事に工事が終わりますように。


少し前に問い合わせのあった方から敷地を見に来てくださいというご連絡があり伺うことに。JR線は止まっているので東武鉄道で行くことにして勇んで出発しましたが(調べ方が足りなかったのか)浅草まで行って発券窓口で何時間かかるかわからないですよと脅されあえなく中止。(Uさん申し訳ありませんでした。仕切りなおしします)

DSC04002_convert_20110319223131.jpg
せっかく浅草まで来たので①吾妻橋でスカイツリーを見て②そばを食べ、引き返す。

事務所に戻るにしても中途半端な時刻なのでイッタン自宅へ帰りロードバイクで明日行く予定だった浦和のSさん邸の現場へ行くことにしました。天気もいいし、外環の高速下の一般道も走りやすそうだった、距離も30Kmくらいなので楽勝。ところが外環下の道路は①アップダウンの繰り返し②本線はほとんど高速状態でコワイ、側道は細切れという按配でメチャメチャ走りにくい。道に迷ったりしながら着いたら夕方になっていた。

DSC04011_convert_20110319223054.jpg
現場は順調です。外壁の焼杉施工が待ち遠しい。Sさんから「さっき泥棒を捕まえたら警察がご褒美?にくれた」という自転車用ワイヤーロックをいただく?? それも二個も。「浦和東警察署」と書いてある、ご利益がありそう。Sさんはサムライ顔だと思っていたら本当のサムライだった、思わずseven samuraiの志村 喬のあのシーンを思い出す。
今夜も飲み会予定で電車通勤。昨夜は新宿歌舞伎町にある学生時代の後輩のやっているバーへ。(何だか毎晩飲んでいます) 突発的な大規模停電の恐れがあると報道されていたので大きめの懐中電灯持参、避難階段で5階のお店まで(そうまでしていくことはないだろう)客は全然来なくて久しぶりに店主とじっくりお話しできました。カウンターに懐中電灯を置いて飲むのもオツなものですが「緊急支援」と称して一番高いお酒を入れさせられました。

関東圏のエアロハウスの居住者の方々から地震時の様子が寄せられています。
特出すべき事例が葉山のエアロハウスH邸と目黒のエアロハウスS邸です。
葉山のHさんのお宅は3階建ですが1階がビリヤード台を置くプレールームのため耐力壁となる室内の壁がつくれない。一般に木造3階建ては室内を細切れにし部屋をたくさん作りその壁を耐力壁として使うことで構造的に成立させます。H邸では柱・梁を「方杖」という斜材でつなぐ構造で1階を完全なオープンスペースを実現しました。この「方杖」が効果があったのか3階でも揺れは少なかったとお聞きしています。スリムな建物なのですが。Twitter でもツィートされています。http://twitter.com/#!/THECOFFEESHOPjp(WEBが本職のHさんですが代官山にコーヒーショップをオープン)
hagihara_convert_20110318143907.jpg

もうひとつが6mの吹き抜け空間を持ち天井まで本がビッシリのSさんのお宅です。カーサブルータス2008年2月号で紹介されている図書館みたいな家ですね。設計では地震時を考え棚に8cmくらいの巾の落下防止用「幕板」を付けることになっていたのですが本が見えにくいということで付けませんでした。ただご本人は地震時は本の雨が降るとおびえていたとおっしゃっていましたが実際は「本が二冊ポロリと落ちた」で済んだとのことです(RC4階の僕の事務所より被害が少ない!よかった)

これでわかるのは「家具に頼らない」住まいが地震時いかに安全かということです。建物は被害がなくても倒壊した家具でけがをされたりものが破損したりすることがあります。エアロハウスは構造を利用して「柱間の収納」を基本にしています。地震時揺れますが柱はダイレクトにコンクリート基礎にしっかりと固定されているので揺れは当然少ないのです。奥行きが24cmから30cmありますので本や小物類は問題なく収納でき前面に張り出すことで調理家電収納や衣服のクロゼットも作ることができます。テレビも37インチまでであれば柱間に入ります。

IMG_6257_convert_20110318143448.jpg
今日の街の様子。昨日まで原宿界隈のアパレルのお店はいつもと変わらず照明をギンギンつけていてうちのスタッフなんかももう買いに行かないなどと怒っていました。今日は一転どこも張り紙があり午後から夕方までオープンになっています。竹下通りも通勤の人しかいない。今夕、やく払いというか景気づけに新宿で飲むことにしたので自転車はお休み。電車は普通に動いていて混み方は普段の7割くらい。
横浜石川町のW邸の建て方は予定通り今朝からはじまり担当、担当見習いが貼りついています。施工はいつもお願いしている鎌倉の小川鉄工、ここは「ハマ」の職人が多いのか一見こわもてだが楽天的でかつ結束力が固い。こういうとき頼りになります。今日の午後にはあらかた建ち上がる予定。
昨日予定されていた伊豆天城高原K邸の地鎮祭は伊豆方面でガソリン補給ができるか確認できず設計者欠席、情けないがドウシヨウモナイ。落ち着いたところで「安全祈願祭」を行うことに。

東京での心配は放射能だけ。停電やガソリン不足は被災地に比べればどうってことない。
電気でも灯油でも食糧でもドンドン持っていってくださいという意識の人が多いのではないか。イギリス人の友人が脱出すべきか悩んでいました。前回発表された都内の放射線濃度が毎時0.809まいくろしーべると(って何だ?)高度1万メートルを飛ぶ飛行機でニューヨーク、東京を往復すると浴びてしまう値は200まいくろしーべるになるらしい。単純計算するとニューヨーク往復(26時間で計算)と東京10日間ステーが同じくらいになる。だいたいきみは毎月海外往復しているではないか、今年になってもう軽く600位は浴びているねといったら黙ってしまった。ヨーロッパのメディアは日本の危険性を言っていますがヨーロッパ人が好んで建築に使ってきた自然石からも放射能は出ているわけでその辺わかっているのかなあ?例えば岩盤浴に使う石で毎時2~3まいくろしーべるとらしい。

gagabless.jpg
エアロハウスプロジェクトは関東圏以外でも進めています。ご心配されている方もいらっしゃいますのでこちらの様子を日々書き込みます(だいたいタイトルがエアロの「日々」ではないか!とツッコムところですねココは)

まずは今朝のようす。僕は吉祥寺から神宮前まで自転車で通勤しています、自転車は月曜から一気に増えて車道にも十台くらいの集団があちこちに出来て走りにくい、「シロウトが多くて困るなあ」などと文句をたれながら30人位抜いて会社に到着(年を考えろ!)道路はかなりすいています。信号待ちの車の列の長さが普段の1/4から1/5くらいです。電車の状況は今日あたりから随分よくなり遠方のバイトも定時に出勤、普段ムードに近いです。出勤途中、スーパーの前にはどこも20人位の列ができていて10時のオープンを待っています、60代以上のご婦人や(定年した)オジサンみたいなカタガタが多いようです。ガソリンスタンドは途中5軒ありますが2軒はクローズ、他は10台から数十台並んでいました。今お昼を買いに行ってきたスタッフの話ではコンビニでおにぎり発見、飲み物、スナックも数が増えてきたそうです。

savepowercarryon.jpg
みなさん
とくに関東地区のみなさんどうされていますか?
僕たちSDLのメンバーは元気に仕事をはじめています。
午前中は片付け(模型が棚から落ちた、大体模型がありすぎ)あと
余震に備え再度ものの移動を完了(エアロハウスの原寸の柱が倒れた)
それと今後に備え(所長に倣うべく)自転車通勤を推奨、会社が自転車代を5万まで持つと
スタッフに伝えたところサッといなくなりさっきようやく帰ってきた
(なにも限度額までガンバルことはないだろう、
今朝井の頭通りの自転車屋さんアサヒで1万円台で普通に売ってたぞ!)
ということで通勤の不安も解消。仕事にマイシンすべく(ススススの命令で照明は
すべて消してブラインドを上げ)ガンバッテます。
午前中問い合わせたところ現時点で現場や今までの竣工物件での問題は
報告されていません(エアロハウスは全国で仕事をしています。
半年ほど前東松島の方から問い合わせがありその方の安否が心配です)
今後予断を許さない状況がしばらく続くと思いますが皆様どこまでも希望を持って
やっていきましょう。
だいじょうぶ マイフレンド
P1050303[1]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。