上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お施主さんのご好意で川口市のTa邸の見学会を行いました。このところ走っていなかったので例によって自転車で行きました。見学会は大勢の人に来ていただきありがとうございました。エアロハウスに興味を持っていただいたことに感謝します(建築家がサイクリングウエアーで出席というのは問題あったかも・・・反省してます)帰り道荒川サイクリングロードにぶつかったところでついつい海に向かって走り始めてしまった。

ヒッチコックの雲 縮小


これはNEWYORKの116丁目からセントラルパーク越しに眺めたミッドタウンのスカイライン?といっても通じるのではないか思う川口市のハイライズマンション群です。見ていたらヒッチコックの「ロープ」を思い出した。


ヒッチコックの雲2


(たしか)映画の中の時間と外の時間(つまり上映時間)が同じで舞台のNYのペントハウスからスカイラインを通して雲が見えこれがゆっくり動いているんですね。もちろん時間とともに色もかわりその人工的なつくりと存在感に魅了されました。

ヒッチコックの雲3

書割の雲だと思っていましたが(フェリーニのように)調べてみるとガラス繊維の作った綿あめみたいなものでした。でもそうは見えないですよね、夕方になると黒くなるし、スプレーで黒くしているのか?どなたか教えてください。


スポンサーサイト
葉山の現場の桜がようやく咲きました、まだまだ満開とはいえませんが。
下山口は標高が高いのかもしれません。

4月15日

ここ数年自転車にはまっています。週末朝自宅のある吉祥寺から多摩川のサイクリングコースを通り桧原村まで往復100~120kmコースをやっていましたが路面凍結を機に年末から吉祥寺、笹目橋、荒川サイクリングコース、河口まで(または葛西臨海公園)に切り替えすっかりこちらがよくなってしまった(平坦だし、90kmくらいだし、明らかに楽だしもうつらい桧原村へは戻りたくない、すっかりナマッテシマッタ)晴れていて気持ちがいい日でしたがそんな翌日、建築家が住宅でよく使っている床暖システム、アクアレイアーの開発者前田誠一氏が来社(アクアレイアーのすばらしさはWEBを見てください)新規物件の打ち合わせをさせていただいたのですがたびたび話が脱線。そこで知ったのですが前田氏は本まで出しているサイクリストであった。若き日東京から京都まで一気に行けないか(もちろん自転車でです)たびたび挑戦。最長不倒距離何と名古屋まで360km、20時間で到達したそうです。思わず前田さんを拝みたくなった(自転車のご利益があるのではないか?)だって平均スピード時速18kmですよ、名古屋まで。

4月14日
埼玉県川口市に完成したエアロハウス・ベータタイプの完成見学会を企画してます。
見学ご希望の方はCONTACTからお申し込みください。

神奈川県葉山に建設中のエアロハウス・ベータタイプの完成見学会は5月末を
予定しています。ご希望の方はCONTACTからお申し込みください。
そうそう葉山の桜はどうなったか?5日(日)の時点では開花の「カ」の字もなし。
エアロハウスは基礎が外壁からセットバックした位置にあるので根にダメージは与えていないはず、気になりますね~。
4月8日用-1
うちは設計事務所なのでエアロハウスだけではなく一般建築ももちろん設計しています。
むしろ大きい建物を数多くやってきたので小さい建物の設計がうらやましいくてしかたがありませんでした。特に別荘の設計なんかは楽しいだろうなあと思っていましたね。いつまでたっても小さい建物の依頼がないので自分ではじめちゃったわけです、僕がクライアントになって。こういうのを航空機や車の開発ではPV、プライベートベンチャーと言います。建築のPV、エアロハウス。
P4030415-1
この建物は竣工まぎわの表参道の商業ビルです、写真左側建物ですね。丹下先生と伊東豊雄さんのビルの間に挟まれています、何というロケーション。偉大な両巨匠に挟まれているのでよ~く見ると冷や汗をかいています(ちゃんとした写真家のPHOTOをいずれUPしますね)
ブログ4月6日

福士健郎さんの発案、プロデュースで「構造見学会」を葉山で行いました。
お施主さんのご理解があればこそ開催できたわけで、感謝!
典型的なアルファータイプのエアロハウスです。施工会社小川鉄工の出田さんと相談して開くことを決めたのはつい1週間前。何とエアロハウスの旗までできていた(正確にはのぼりというらしい)
オレンジ色の旗が(いやのぼりが)葉山の緑あふれる風景の中に点々とつながる、う~む
何だかいつか見たクリストのアートワークみたいだ(NYのセントラルパークだったか?)と感心していると誰かがエアロハウスの屋根にも立てた。こうなると基地というか黒澤明の城のセット。並べればクリスト、屋根に立てれば黒澤明、旗の(いやのぼりの)効果にひたすら感心。
10数人の方々に来ていただきました、ありがとうございました。開始早々長身、風格たっぷりの老紳士が見えられた。どういう方だろう?全体的にはミドルエージのカップルが多かったです。閉店直前今度はお年を召したすてきなご婦人がNISSANフィガロで登場、あれは何と言うのでしょう?よく皇室の女性が手袋ははいていますね、(ゴム手みたいな長いやつ、なんと言う形容!)あれを召されていて上品なかたりくちで的確な質問を矢継ぎ早にされてくる。ドウイウカタナノダロウ?だってあれですエアロハウスに興味のある皇室の方っているのか?(いつの間にか皇室のカタになってしまった)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。